幼児教育の必要性を考える

今人気の習い事

男の子

・スイミング
体力作りや健康面はもちろん、将来的にも水への恐怖が少なく泳げる事へのメリットも大きいです。
数ある習い事の中でも「とりあえず通わせよう」と考える親御さんも少なくありません。
動きが活発で体力も有り余る男の子にとって、エネルギーを発散できる場になる水泳は適していると言えます。
最近はお母さんとお赤ちゃんが一緒にプール遊びが出来るレッスンも実施され、水遊びを通して恐怖心を無くしていく事にも繋がっていっています。

・体操教室
バランス感覚や身体の機能全般を育てる事が出来ます。
元々運動好きな子だけではなく、小学校での体育の授業を見据えて、身体を動かす楽しさに触れる為に通い始める家庭もあるようです。
小学校でのマット運動や跳び箱は苦手意識を持つ子も多いですから、子どものうちから楽しさを持って触れる事ができるのはメリットといえます。

女の子

・ピアノ
今も昔も変わらない、人気の習い事のひとつです。
両手を同時に使う事で左右の脳への刺激に繋がり、複数の事を同時にこなす事で集中力も培われていきます。
広く親しまれていますから、教室や先生選びも融通が利くのもポイントです。
将来プロとしてや仕事に活かすとしても、趣味として楽しく続けるとしてもお勧めの習い事といえます。

・書道(硬筆)
綺麗な筆跡を身につける事を目的に通い、将来的にも役立つスキルといえます。
集中力や注意力も培われ、先生との関係や指導の中で適切な礼儀や作法が身についていきます。
ひとつの文字がどの様にしたら綺麗に書けるのか、じっくりと考える事を繰り返す事で、自分で考える力が身についていきます。


PAGE TOP