幼児教育の必要性を考える

家庭内と家庭外での幼児教育

家庭内での教育

知育玩具やタブレットへダウンロードできるアプリが豊富に用意され、以前よりも家庭内での教育の形も多彩になりました。
主な教材としては絵本や積み木にブロックといった身近な物や、DVDやCD、アプリなどが使われたりしています。
特に玩具は安全性や機能性が重視されがちで、日本製が選ばれる事が多いです。
しかし、物珍しさが目を引く外国製の玩具も店頭やインターネット販売で目にする事も増え、バリエーションは増えています。
また、幼児向けの通信教育教材として有名な『こどもちゃれんじ』では、『しまじろうトーク』というインターネットに接続した英会話サービスなどを実施もしています。
家庭教師やベビーシッターを利用して、専門的な知識をもったプロを利用する方法もあります。

家庭外への習い事

英会話スクールや学習塾、ピアノや絵画などの芸術教室に、水泳や野球といった運動教室などへ子ども自身が通っていく教育の形です。
幼児期というはやいうちから始める事で、成長していく中で活かす事が出来る特技を身に着ける事が目的になっています。
家庭の外に家族以外のコミュニティを持ち、同年代の友達や親以外の大人との関わりを通し、社会性やコミュニケーション能力を身に着けていきます。
それぞれの教室の中には個別指導の形をとっている教室もあります。
指導する側が子どもと一対一で接する事で、その子に合わせた指導方法で接する事が出来ます。
将来の受験を見据えて教室に通う場合は、より密に集中出来る、この形式を選ぶ事も多い様です。


PAGE TOP